山陽・東海遠征記 墨俣一夜城の巻

f0128291_123055.jpg
 「夏休み」なので「墨俣一夜城」に来てみた。

f0128291_1231188.jpg 墨俣一夜城には岐阜駅からバスで行くのだけれど、バスを待っているとき、前にいた女の子のホットパンツ姿があまりにも美しく、まぶしくて目に焼きつき、城までの車中はその光景で頭の中がいっぱいで大変だった。

 墨俣一夜城は完全に想像で作ったお城だと思うけど、天守閣の姿を見ると興奮するもので、堀の周りを一回りして「太閤出世橋」という名の橋を渡り天守へ向かった。

 展示品にはあまり興味がなかったけど、最上階からの眺めはこの旅一番の見晴らしの良さで、川、山、空、雲が元気いっぱいで気持ち良かった。

 実際に秀吉が建てた城と違うとしても、この景色を眺めることが出来るのだから、作ってよかったのではないか?と思いつつ岡崎へと向かうワタクシであります。

宿泊地:岡崎シングルホテル
 岡崎城のまん前で、部屋も特に不満はなく良かった。

f0128291_12364018.jpgf0128291_12377100.jpg

f0128291_12365895.jpgf0128291_12395852.jpg

■旅行情報■■
墨俣一夜城(大垣市ホームページより)
http://www.city.ogaki.lg.jp/kankou/kankouspot/itiyajyo.htm
岡崎シングルホテル(i-タウンページより)
http://nttbj.itp.ne.jp/0564211088/index.html?Media_cate=populer&svc=1303
[PR]
by musyagaeshi | 2007-08-08 12:27 | お城めぐり | Comments(0)
<< 山陽・東海遠征記 岡崎城と吉田... 山陽・東海遠征記 彦根城の巻 >>